FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野若王子神社 in 2011/11/5 京都府京都市左京区

 05, 2011 12:00
京都市左京区若王子町2

熊野若王子神社

花乃影 澄や岩間の 和すれ水  梅通 

熊野若王子神社

珍しく、我が父が寄り道してもよろしいと言うことで、寄り道しました☆

梛の木

熊野若王子神社

京都市内で最も古い木で当社の神木でもある。
古来紀州熊野参詣、伊勢参宮などの折、
ミソギ木として用いられた。
樹齢は4百年余りと推測される。

熊野若王子神社

夷川恵比須社

熊野若王子神社内夷川恵比須社

祭神 : 国常立神
     伊佐那岐神
     伊佐那美神
     天照皇大神

右近の橘

熊野若王子神社内右近の橘

本拝殿

熊野若王子神社

祭神 : 国常立神
     伊佐那岐神
     伊佐那美神
     天照大神

永暦元年(1160) 後白河法皇紀伊国
熊野権現を勧請して創建した若王子の鎮守社で、
社名は天照大神の別称若一皇子に因んで名付けられた。
寛正六年(1465)三月には足利義政により花見の宴が催された。
その後、応仁の乱により社殿は荒廃したが、豊臣秀吉により再建された。
現在の社殿は昭和五十四年(1979)に一社相殿となった。
以前は本宮・新宮・那智・若宮の四棟からなっていた。

思わず・・・。

熊野若王子神社

左近の桜

熊野若王子神社内左近の桜

も時期外すと結構残念なことに。

宝形

熊野若王子神社内宝形

昔、境内に地仏堂があり、その屋根の部分を残したもの。
薬師如来像がそこには安置されていたが、
明治四年(1871)神仏分離の際、この地から移され、
現在は奈良国立博物館に所蔵されている。

若王子橋

熊野若王子神社内若王子橋

何やら奥もあったようですが、
さすがにそこまで脱線できないわ・・・。
機会があれば、またってことで。

東斎碑・荒尾精先生の碑

熊野若王子神社内東斎碑・荒尾精先生の碑

荒尾精は十九世紀中葉より始まった西欧列強の
中国侵略を阻止し東亜の保全を図るため、
日中の協力団結、特に通商貿易の振興による
両国の繁栄を唱え導き、これに必要な人材養成の為、
根津一と共に上海に日進貿易研究所を設立経営した。
荒尾は明治二十九年(1896)亡くなった。

その後、近衛篤麿は東亜同文会の結成と東亜同文書院を設立した。
大志半ばにして斃れた荒尾の死を近衛篤麿は痛く惜しみ、
荒尾の寓居近くに追悼碑の建立を発起し、追慕の碑文を自ら撰した。
東亜同文会の後身となる霞山会はこの碑を維持管理するに当たり、
荒尾、近衛、根津、先覚学の偉業を偲び、
ここにこの碑の由来を記した。

お隣には

征清九烈士の碑

熊野若王子神社内征清九烈士の碑

新島襄墓所参道への道案内碑

熊野若王子神社内新島襄墓所参道への道案内碑

脇道の先が墓所のようです。


☆ 参考にしました ☆

由緒書
京都府の歴史散歩(中) 京都府歴史遺産研究会編
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。